miumeat

2973.jpg

SCP-2973-1 displayed on SCP-2973's screen taken through a non-digital camera to prevent infection via SCP-2973-1.

项目编号: SCP-2973

项目等级: Euclid

特殊收容措施: While not being tested SCP-2973 is to remain in a locked plastic case in Storage Site-12. Televisions, smart phones, or any other device that has a display screen should remain outside of SCP-2973 10 meter transfer radius.
在不进行测试的情况下,SCP-2973应被收容于储存设施Site-12的一个上锁的塑料箱中。电视,智能手机或任何有显示屏的设备应保持在SCP-2973的半径为10米的传送范围外。

In the event that security around SCP-2973 is compromised, on-site personnel must power down the affected devices. In the event that SCP-2973 has rendered this impossible, physical destruction is permitted.
在SCP-2973周围的安保设施遭到破坏的情况下,现场人员应立即关闭受影响的设备。若SCP-2973使其无法关闭,允许通过物理手段进行销毁。

Testing of SCP-2973 and SCP-2973-1 requires the approval of level-2 administrative personnel.
对SCP-2973与SCP-2973-1的实验应经过二级管理人员的批准。

描述: SCP-2973 is an object identical to a Tamagotchi brand virtual pet toy, discovered in an elementary school in Albany, New York. The device was located when local reports were cross referenced regarding a computer virus plaguing the school. All televisions, computers, and phones in the school were rendered inoperable due to irreparable screen malfunctions at the time of its recovery.
SCP-2973是一种与“拓麻歌子”品牌的电子宠物完全相同的物品,发现于纽约州奥尔巴尼的一所小学。这些设备是在当地有关一种困扰校方的计算机病毒的报道被对照检索时被基金会人员发现的。学校中的所有电视机,电脑与手机的屏幕由于在修复的过程中出现的无法修复的屏幕故障而无法使用。

The anomalous properties of SCP-2973 manifest when the device is turned on. When activated, SCP-2973 will display a blank screen with a pixel depiction of a tombstone in the center of the screen from which a new pixel sprite will emerge. This new sprite appears visually identical to typical Tamagotchi sprites with the exception of X symbols where eye sprites would typically be. The user of SCP-2973 cannot interact with this sprite in any way attributed to traditional use of a Tamagotchi toy. This character is referred to as SCP-2973-1.
当设备开启时,SCP-2973的异常特性将会表现。当被激活时,SCP-2973将会显示出空白的屏幕,在屏幕中央有一个像素风格的墓碑,在那里将会出现一个全新的像素精灵。这个新的像素精灵从外观上看与拓麻歌子中的精灵相同,但它的眼睛通常为X状的符号而非正常的眼睛。使用SCP-2973的人员无法以任何的操作拓麻歌子的方式与该精灵进行互动。这个精灵的角色被指定为SCP-2973-1.

SCP-2973-1 can exit the boundaries of SCP-2973's screen to appear on another electronic display. While inside of a display screen SCP-2973-1 is capable of interacting with file thumbnails as if they were physical objects, but cannot access the program functions of the files themselves. SCP-2973-1 will often consume these thumbnails, and in turn destroy the files, while it is present on a display outside of SCP-2973. It will then produce waste pixels in a fashion typical of a Tamagotchi pet after feeding. Devices containing waste pixels from SCP-2973-1 exude an odor typical of animal feces.
SCP-2973-1可以从SCP-2973的屏幕边界离开,从另一个电子显示屏上出现。SCP-2973-1在显示屏中可以与文件缩略图进行交互,就如同对方是实体对象一般,但它无法使用文件本身的程序功能。SCP-2973-1在SCP-2973之外的设备中时,会消耗这些缩略图并最终删除文件。随后它将会产生废弃的像素,就如同典型的电子宠物在被喂食后的表现。含有SCP-2973-1产生的废弃像素的电子设备会散发出典型的动物排泄物的气味。

While SCP-2973-1 is inside of a device aside from SCP-2973, the user can interact with it through the device's main interface1. SCP-2973-1 can then be picked up and manipulated in this manner.
当SCP-2973-1位于SCP-2973外的电子设备中时,使用者可以通过设备的主界面2与其进行交互。SCP-2973-1可以被通过这种方式被拾起或操纵。

SCP-2973-1 will avoid directly interacting with the user at all times and will instead attempt to consume files the user deems important as dictated by how often the user accesses the file.
SCP-2973-1在任何时候都将会尽力避免与用户直接交互,且会根据用户访问文件的频率,尝试消耗掉用户认为较为重要的文件。

附录A: Testing event 2973-58. Presiding researcher Dr. Hollands. Transcript. 测试事件2973-58,由首席研究员Dr. Hollands进行,以下为文字记录。

22:00 SCP-2973 is placed next to a mundane Tamagotchi virtual pet that has been activated five minutes prior to the testing (the subject). SCP-2973被放置在一个无异常的拓麻歌子虚拟宠物的旁边,该(受试对象所在的)设备在实验前五分钟被激活。

22:15 SCP-2973-1 turns to the subject. SCP-2973-1转向该受试对象。

22:30 The subject begins buzzing3 although it has already been fed. After executing a discipline function on the subject, it continues to buzz. 受试对象开始发出嗡嗡声4,尽管已被喂食。在进行了一个“教育5”的操作后,它依然发出嗡嗡声。

22:31 SCP-2973-1 approaches the subject's device. SCP-2973-1接近受试对象所在的设备。

22:31 SCP-2973-1 enters the subject's screen. SCP-2973-1进入设备的屏幕。

22:35 The subject's device emits a continuous buzzing. The subject disappears into the right side of the screen, and is followed by SCP-2973-1. SCP-2973-1 continues chasing the subject in a scrolling parallax. 受试对象发出持续的嗡嗡声。受试对象被SCP-2973-1追赶,消失在了屏幕右侧。此后SCP-2973-1在一个视差滚动的效果中持续追逐着受试对象。

22:36 The subjects are not depicted on the screen. The buzzing becomes erratic, and then stops. 受试对象不再出现于屏幕上,嗡嗡声变得不稳定,随后停止。

22:50 SCP-2973, 2973-1, and the testing subject remain inactive for an extended period.

23:32 SCP-2973-1 reemerges from the side of the screen followed by a new instance of SCP-2973-1. The new instance of SCP-2973-1 displays visual similarities to the Tamagotchi pixel sprite from the subject's display screen.

Addendum B: Testing event 2973-59. Presiding researcher Breen. Transcript.

In this test, SCP-2973 was placed beside a powered-off television to view the effects it has on such display screens. The test was conducted in an isolated chamber using robotic manipulation.

12:20 SCP-2973 is placed next to the powered-off television.

12:22 SCP-2973-1 moves to the top of its screen and then then vanishes.

14:23 SCP-2973-1 cannot be located for two hours. The television is powered on and SCP-2973-1 is not present inside of it.

14:23 SCP-2973-1 unexpectedly appears on the security monitor of the surveillance booth, and approaches the robot on the surveillance screen. SCP-2973-1 is not visible in the testing chamber proper.

14:24 SCP-2973-1 approaches the robot and begins consuming it. Loud metallic crashing and grinding can be heard within the testing chamber, although SCP-2973-1 is not visible and the physical robot shows no signs of damage.

14:40 SCP-2973-1 remains on-screen for fifteen minutes before producing a waste pixel sprite. Personnel present in the surveillance booth report an overpowering scent typical of animal feces. SCP-2973-1 then moves toward the security door and begins headbutting it. Loud crashing can be heard within the room.

14:42 Security vacates the security surveillance booth and seals the testing chamber behind an emergency containment door as of Protocol 12-176. Power to the surveillance booth is switched off.

14:45 Cameras and monitors are reactivated.

14:46 SCP-2973-1 is no longer present on the security monitor and has reappeared on SCP-2973. The manipulation robot emits a vibrating noise for one hour afterward, and smells strongly of copper, although it shows no signs of damage. Containment procedures have been updated.


oil

Figure 1: A photograph of SCP-3864 taken upon recovery. Taken 5 minutes prior to Figure 2.

项目编号: SCP-3864

项目等级: Safe

特殊收容措施: SCP-3864 is to be hung on a wall in a standard containment chamber. Outside of scheduled tests, SCP-3864 is to be covered with a thick black cloth at all times. Should SCP-3864 grow too large to be completely covered by this cloth, D-Class personnel are to be dispatched immediately with an appropriately sized replacement.
SCP-3864应被悬挂于标准收容间内的墙壁上,在有计划进行的测试之外,SCP-3864应始终被一块黑布覆盖。若SCP-3864的面积增长过大以至于无法被这块布覆盖,则应派遣D级人员替换为大小合适的覆盖物。

SCP-3864's containment chamber is to be kept well-lit and monitored via an infrared camera to ensure that it remains completely covered at all times. A decibel meter is to be placed no less than 15 cm from SCP-3864’s surface. Any changes should be reported to the researcher in charge, which is currently Dr. Taylor Itkin at the time of this writing.
SCP-3864的收容室应始终保持良好的照明,并通过红外相机监控以保证项目始终被完全覆盖。一个分贝计应被放置于距项目表面不小于15cm的位置。任何变化都应报告给负责该项目的研究员,在撰写本文时负责人为Dr. Taylor Itkin

Entry into SCP-3864's containment chamber requires Level-3 clearance. All personnel are required to wear infrared goggles while in SCP-3864’s containment chamber.
进入SCP-3864需要三级许可,所有进入收容室的人员都必须佩戴红外护目镜。

描述: SCP-3864 is an oil painting of an individual. The subject, coloration, and size are all subject to change. The only constants in the appearance of SCP-3864 are that the individual in the portrait is always a human, and testing shows the paint to always be oil based. At no point has more than one subject been witnessed inside of SCP-3864.
SCP-3864是一幅描绘了一位人类个体的油画。项目的主体,颜色与大小均会改变。在SCP-3864所呈现出的所有外观中,唯一不变的是画中的形象始终为一名人类,此外实验表明项目所用的颜料始终是油性颜料。从未目击到项目中出现一个以上的人类个体。

SCP-3864 gives off a heat signature of 37° Celsius, similar to that of the average human body temperature. This heat signature is not centered on a certain portion of the painting (such as the individual inside), but rather is given off by the painting in its entirety. SCP-3864 is safe to view through infrared goggles or filters.
SCP-3864散发出

oil2

Figure 2: A photograph of SCP-3864 taken upon recovery, 5 minutes after Figure 1. Photographer later appeared inside SCP-3864. Further photography prohibited.

When a subject (henceforth referred to as SCP-3864-1) views SCP-3864 directly, within 15 minutes SCP-3864-1 will begin to gradually lose all pigmentation and most body heat. At this time, the likeness of SCP-3864-1 will begin to appear in SCP-3864. SCP-3864-1 will not be bothered by these processes. Within 30 minutes, SCP-3864-1 will become completely void of all pigmentation and have an average body temperature of 10° Celsius, as well as SCP-3864 showing a full likeness of SCP-3864-1. SCP-3864-1 will then die of severe dehydration and hypothermia. There is no recorded method of halting or slowing these processes.

Although the body of SCP-3864-1 will become inanimate and resemble a corpse, the consciousness of SCP-3864-1 is thought to be transferred into SCP-3864. This is evidenced by the likeness of SCP-3864-1 inside of SCP-3864 to be able to change poses and “move” – though no record shows the likeness of SCP-3864-1 to be moving while being observed – in ways that sometimes appear to be attempts at communication or escape from SCP-3864.

Likenesses of SCP-3864-1 inside of SCP-3864 also appear to be capable of verbal communication. It is unclear whether this is SCP-3864-1 communicating or simply an imitation by SCP-3864.
Attempts at communication are currently underway.

Addendum: SCP-3864 was recovered on 5/18 by MTF Eta-10 from [REDACTED], Virginia. The Foundation became aware of SCP-3864’s existence when Foundation staff planted in local police units were notified of multiple missing persons reports supposedly linked to viewing a painting. Upon securing SCP-3864, members of MTF Eta-10 were able to confirm with neighboring residents that SCP-3864-1 was in fact the man who owned the house SCP-3864 was recovered from. All those who confirmed this later appeared in SCP-3864, having viewed it directly. A Class-C amnestic was administered to all neighboring residents to cover the disappearances.





Jul

The above-ground portion of SCP-2304.

项目编号 SCP-2304

项目等级: Euclid Safe Our Home, only home, nest, for them to grow.我们的家,独一无二的家,巢,让它们生长。

特殊收容措施: SCP-2304 is unable to be moved from its current location, and therefore is contained on-site. SCP-2304-1, -2, and -3 are to be monitored at all times by a team of 3 security personnel, rotated every 12 hours. SCP-2304-4 is to be housed in a medium dwelling located in the cranial section of SCP-2304, and is allowed the use of anti-depression medication.
SCP-2304由于无法移动,因而就地收容。SCP-2304-1,-2与-3将被由3名安保人员组成的小组时刻监视,每12小时轮换一次。SCP-2304-4将被收容于位于SCP-2304颅骨部分内的一个中等大小的房间内,并被允许服用抗抑郁药物。

A bottle of pre-approved alcohol is to be provided through anonymous means to SCP-2304-4 on a monthly basis. Under no circumstances are personnel to reveal the origin of these items to SCP-2304-4.
每月应匿名向SCP-2304-4提供一瓶预先被批准的酒精饮品。在任何情况下,工作人员都不能向SCP-2304-4透露这些物品的来源。

描述: SCP-2304 is a humanoid structure partially buried underground, located in ████████, Norway. SCP-2304's entrance is the only part of the structure that remains above ground. The entrance resembles a dilapidated silo, covered in graffiti styled to give the appearance of a facial profile. The door to the interior is made of metal, and has a peephole and knocker installed. Looking through the peephole will reveal the landscape behind the structure, even when the door is ajar. It isn't real, the inside, it never was.
SCP-2304是一个位于挪威████████的,部分埋于地下的人形建筑。SCP-2304的入口是该建筑唯一位于地面以上的部分。项目的入口类似于布满涂鸦的陈旧竖井,呈现出类似于面部轮廓的外观。通向内部的门由金属制成,安装有猫眼和门环。通过猫眼可以看到建筑物后的景观,即使门是半开的。它不是真实的,那里面,从来都不存在。

The interior consists of disparate and haphazard architectural features, and is much larger than the exterior would suggest.
内部则由完全不同且随机的结构组成,且比外观看起来的要更大。

Landing

View of SCP-2304's interior from entrance.从入口处看到的SCP-2304的内部

Taking the stairwell appearing to lead upwards results in the subject descending approximately 10 meters before reaching a junction of several hallways, branching off in horizontal, diagonal, and vertical directions. The corridors of SCP-2304 are comprised of metallic paneling, with occasional steam vents. Hallways and junctions have shown to exhibit similar properties to the sets of stairs, and contain a localized gravity field.
沿楼梯井向上行进,在抵达一个在水平,对角线与垂直方向上分支的走廊交界点前,会导致在项目内部下降约10米。SCP-2304的走廊由金属嵌板组成,偶尔有蒸汽喷口。走廊和路口显示出类似于楼梯的性能,并包含一个局部的重力场。

The sound of a faint heartbeat is audible throughout SCP-2304 at a rate of 96 bpm. The source is as of yet unknown.
在SCP-2304中的各处均能听到微弱的心跳声,频率为每分钟96次。心跳声的来源尚不明确。

Corridor

The hallway leading to SCP-2304-1 通往SCP-2304-1的走廊

SCP-2304-1 is a small chamber in the chest region of SCP-2304. External mapping reveals that the room is similar in structure to the breast of a human female. A single vent is present on the ceiling of SCP-2304-1, which constantly seeps liquid mercury. The sound of a music box is occasionally heard from SCP-2304-1. Instances of SCP-2304-3 have been known to gather around SCP-2304-1 in order to feed.
SCP-2304-1是位于SCP-2304胸腔部位内的一个小房间。

SCP-2304-2 is a large area located at a depth of about 90 m. The entry halls nearing SCP-2304-2 are noticeably more sporadic8 in shape, and have been recorded shifting and turning. SCP-2304-2 resembles the reproductive organs of an adult human female, with structural components resembling the cervix, uterus, and fallopian tubes present. A mass of electrical cables and biological flesh is present at the ceiling of SCP-2304-2, and a large glass pipe leads down from it to SCP-2304-3. Unintelligible grunts and groans are audible throughout SCP-2304-2.

SCP-2304-3 are various different creatures manufactured by SCP-2304-2, often taking the form of common household objects9. SCP-2304-3 are comprised of various metallic substances, and lack any internal organs. Specimens will feed using a small suction tube present on their "mouth". SCP-2304-3 show no signs of sapience, and will produce incoherent crying similar to that of a small child. Specimens are formed within SCP-2304-2 and will patrol the lower portions of SCP-2304 for intruders.

Babby

A malformed instance of SCP-2304-3

SCP-2304-4 is a humanoid male, composed entirely of a silicon-mercury composite. SCP-2304-4 is conversational when prompted, but prefers to be allowed to study alone. SCP-2304-4's technological knowledge is vastly different to current human technology, with highly developed knowledge of several fields of currently unproven science.

Addendum-1: An unmanned rover was tasked with mapping out SCP-2304, and catalogued SCP-2304-1, SCP-2304-2, and documented 43 instances of SCP-2304-3. Camera surveillance was set up throughout SCP-2304. Surveillance caught video of SCP-2304-4 holding the rover, taking it to the dwelling SCP-2304-4 resides in. SCP-2304-4 was recorded offering a glass of wine to the rover before damaging the device, assumed to be accidental.

Addendum-2: An official interview with SCP-2304-4 took place.

Addendum-3: An additional interview with SCP-2304-4.

SCP-2304-4 displayed signs of depression shortly after the interview ceased. It expressed desire to leave SCP-2304 and visit Paris, France, in hopes of experiencing love. Dr. Georges Luikj is awaiting review over the unprofessional conduct during interviews and the sharing of extraneous information with SCP-2304-4

Addendum-4: Following Dr. Luikj's discharge from the SCP-2304 team, a small strip of paper was found at the entrance to SCP-2304, presumed to have been slipped from beneath the door.

Take me with you

Addendum-5: SCP-2304's entrance was abruptly sealed, and communication was lost with most of the surveillance equipment within SCP-2304. Any attempts to re-enter SCP-2304 have so far been unsuccessful.

[[footnoteblock]]


SCP-1706-JP.jpg

SCP-1706-JP

项目编号: SCP-1706-JP

项目等级: Safe

特殊收容措施: SCP-1706-JPはサイト-8181の低脅威度物品保管ロッカーに収容されています。SCP-1706-JPを用いた実験にはレベル4以上の職員2名以上の許可が必要であり、また、実験によりSCP-1706-JPを用いて殴打を行った対象及び殴打を受けた対象については、現在経過観察が実施されています。
SCP-1706-JP应被收容于Site-8181的低威胁度物品储存柜中。使用SCP-1706-JP进行实验需经至少两名四级或以上的人员的批准。此外,使用SCP-1706-JP进行实验的受试者和遭受项目打击的受试者,目前正在接受后续观察。

描述: SCP-1706-JPは全長318mm、頭径22.2mm、頭部が金属製かつ柄が木製のネイルハンマーです。外見的には経年劣化が見られるものの一般に流通しているネイルハンマーと同様の物であり、後述する異常性以外の材質等に特異な点は見られませんでした。
SCP-1706-JP是一把全长318mm,锤头直径22.2mm,锤头金属由制制成,锤柄木料制成的钉锤。虽然项目从外观上看因时间久远而老化,但与市面上流通的无异常钉锤相同,除了后文所述的异常性质外项目在材料等方面毫无异常。

SCP-1706-JPの異常性は、金属部分の打撃面を用いて打撃を加えた物体を修復する点にあります。打撃を加えられた対象の物理的な損壊の他、燃焼等の化学反応による損壊も修復され、また、対象が複数の破片に分かれていた際は、不明な作用により破片が打撃を加えられた対象に引き寄せられ10、それらが接合されるようにして完全に修復されます。加えて、一度SCP-1706-JPにより修復された物体は、自身に与えられた損壊を無効化する耐性を獲得します。なお、生物に対してもSCP-1706-JPは同様に作用し、肉体の損壊のみならず疾病も回復させますが、一度絶命した生物を蘇生させることは不可能です。
SCP-1706-JP的异常性质是,在使用金属部分的打击用面击打物体时将该物体修复。除了修复对被击打的物体造成的物理损伤外,燃烧等化学反应所造成的损伤均能被修复,此外,在物体破碎成多个碎片的情况下,

補遺: SCP-1706-JPは2016年8月27日に発生した不可解な事故の捜査中にその存在が明らかになりました。事故当日の20時頃、██県██市に位置する金山 大悟氏の自宅が突如として崩落し、金山 大悟氏及び妻の金山 文江氏が崩落した家屋により圧死しました。この崩落事故の原因について、当初は施工不良等によるものと思われていましたが、調査の結果、住居の崩落は1階リビング部分へ加えられた非常に強い衝撃が原因であると判明しました。その後、事故現場の状況11から、この崩落事故に何らかの異常存在が関与している可能性を考慮し、財団が金山氏の自宅跡の調査を行ったところ、リビング付近の庭に落ちていたハンマーが異常性を保有していることが発覚したため、ハンマーはSCP-1706-JPとして回収されました。しかしながら、当初明らかになったSCP-1706-JPの異常性からは崩落事故との関連性が見出せなかったため、その後再び金山氏の自宅跡を調査した結果、金山 大悟氏の息子である金山 伸哉氏の自室跡から、伸哉氏本人によって書かれた日記が複数発見されました。

以下は伸哉氏の日記の抜粋です。

7月23日 日曜日

今日は近所の山へ虫とりに出かけた帰りに、山の中でカナヅチを見つけた。なんでこんなところにカナヅチがおちてるんだろうって思ったから、家にもって帰ることにした。自由けんきゅうは、こん虫さい集にするつもりだったけど、木のいたとクギをお父さんからもらって、このカナヅチをつかって本立てを作ろうかな。

でも、なんで山の中なんかにカナヅチがおちてたんだろう。だれかがおとしちゃったのかな。それともすてちゃったのかな?

7月26日 水曜日

今日はとなりのユキくんたちと公園でオニごっこやサッカーをして遊んだ後、お母さんのお使いに行った。近くのスーパーで、しょう油と、タマゴと、食パンと、ソラのドッグフードを買った。ソラはごはんをたくさん食べるから、その分たくさんかって帰らないといけない。

お母さんは、たくさん食べさせたらちゃんとソラをさん歩させなさいって言ってた。お母さんの宿題の日記はめんどくさいけど、ソラのさん歩は毎日やりたいくらいだ。ソラは、ぼくが帰るといつも一番にむかえに来てくれる。さわるとふわふわで温かくて、ほっぺたはぷにぷにしてる。ソラはかわいいなあ。

7月28日 金曜日

今日はお母さんが出かけるから、お母さんの代わりにおばあちゃんの面どうを見た。おばあちゃんは病気で、ずっとふとんで寝てる。一日中せきをしていてつらそうだ。病気の名前は、がんって言って、病いんじゃなくて家にいる理由を聞いたら、お母さんは、もういいんだよ、おばあちゃんはお家でお母さんたちが面どうを見てあげたほうがいいのとしか言ってくれなかった。

おばあちゃんはお手玉が上手で、よくアヤカとぼくに見せたり教えてくれたりしてた。早くよくなって、またぼくたちにお手玉を教えてほしいな。また元気な顔をしたおばあちゃんが見たい。

7月30日 日曜日

今日は本立てを作っているときにふしぎなことがあった。本立てを組み立てて山でひろったカナヅチでクギを打ってたら、間ちがえて板の方を叩いちゃった。そうすると、板にはまってたクギが抜けて、クギ穴がぴったりふさがった。クギを打ち直そうとしても、クギはぜんぜん入らなかったし、板はつるつるのまま。なんでだろう?

けっきょく、お父さんから他の板をもらって本立てを作った。お父さんは、お父さんが手伝えば本立てよりずっとすごいものを作ってやれるぞって言ってくれたけど、ぼくは自分の力でやるよって答えた。お父さんは、ノブヤはえらいなって大きな手でぼくをなでてくれた。ぼくはとってもうれしかったし、自分でもっとすごい物を作りたいと思った。

7月31日 月曜日

今日は、きのう本立てのクギ穴がふさがったのは、山で見つけたあのカナヅチのせいかもしれないと思って、山でためしてみることにした。ぼくは、折れたエンピツと、やぶれたマンガと、ツノが取れちゃったカブトムシをカナヅチで叩いた。そしたらエンピツは元どおりになって、マンガは買ったときみたいに直ってた。カブトムシは、取れたツノがくっついて、なにもなかったみたいに飛んだりしてた。

山で見つけたカナヅチは工作には使えなかったけど、もしかしたらすごい物なのかもしれない。カナヅチのことは、ぼくとソラだけのひみつにしよう。

8月10日 木曜日

今日、やっとひみつ基地ができた。そう庫にあるお父さんの道具とか材料をこっそり持って行って、ユキくんとハルオといっしょに作った。お父さんに道具の使い方を教わっててよかった。基地の床にはゴザをしいて横になれるようにしたし、屋根があるから雨とか風も気にならないと思う。でも、ちょっと入り口をせまくしすぎちゃったかな?

ぼくたちは基地におかしやジュースを持って来たり、マンガをみんなで読んだりした。このひみつ基地は、ぼくとユキくんとハルオとソラの、三人と一匹だけのひみつ基地だ。お父さんに手伝ってもらわなくても、こんなすごいひみつ基地を作れたことが、とってもうれしかったし楽しかった。

8月11日 金曜日

今日はお母さんからの宿題の九九カードと漢字練習ノートをやった。お母さんは、学校のだけじゃ足りないし今のうちに覚えた方がいいって言ってたけど、まだ習ってない漢字までやんなくてもいいと思うんだけどなあ。

宿題をキリのいいとこまで終わらせて、戸だなからコップを取り出そうとしたら、お母さんが大事にしてるコップを落としてヒビを入れちゃって、アヤカはびっくりして泣いちゃった。ぼくは山で見つけたカナヅチのことを思い出して、お母さんが買い物から帰ってくる前にカナヅチでコップを叩いて直して、泣いてるアヤカをあやしつけた。カナヅチがなかったら、ぼくはお母さんにめちゃくちゃおこられてただろう。この日記をお母さんが読まなくてよかった。

その後、アヤカはお母さんに、じゅう道の動画を見せてもらって、ぬいぐるみを相手にマネをしてた。ぼくはアヤカに、じゅう道が好きなのって聞いたら、アヤカはやっぱり、好きって答えてくれた。アヤカは、じゅう道せん手になるのかな。

8月14日 月曜日

今日はおぼんだったから、お父さんとアヤカとぼくで、おじいちゃんのおはか参りに行った。おはかは家の近くだけど、だれかが家でおばあちゃんを見とかないとだから、ぼくたちはお母さんの後に行った。

おじいちゃんのおはかには、親せきの人もいて、だいぶ前からあるみたい。だから、石が欠けてたり、ちょっとかたむいてたりしてた。ぼくは、そんなのじゃおじいちゃんたちがかわいそうだと思ってたから、今年は山でひろったカナヅチを持ってきて、お父さんとアヤカにバレないように、おはかを叩いて直してあげた。おじいちゃんたち、よろこんでくれるといいな。

8月16日 水曜日

ソラが車にひかれた。夕方ソラの散歩に出かけてた時、ぼくがおもちゃ屋さんのおもちゃを外から見てたら、ソラのリードを放してたみたいで、大きな音が聞こえて、ソラの足が車にぺしゃんこにされちゃってた。車はどこかへ行っちゃったし、ぼくは、ソラしんじゃいやだって泣きそうになった。

でも、きっとあのカナヅチで叩けば直してあげられると思って、急いでソラを家の前まで運んで、いっぱい叩いてソラを直してあげた。ソラはとても痛がってて、ぼくはとても悲しかったけど、ソラが直って本当によかった。ぼくは、ごめんね、もうはなしたりしないからねって、直ったソラをぎゅっとした。ソラはぼくの顔をなめてくれた。ぼくはもう、ぜったいソラにひどいことはしない。

あのカナヅチでソラが直ったってことは、これで叩けばおばあちゃんの病気も直してあげられるのかなあ?

8月17日 木曜日

今日は計算ドリルを進めた後、おばあちゃんに病気が直ったらどうしたいか聞いた。おばあちゃんは、またみんなでお出かけしたり、ぼくたちにお手玉を教えたり、アヤカがもう少し大きくなったら、おさいほうを教えてあげたいって言ってくれた。

今週の土曜日は、お父さんはお仕事だし、お母さんはアヤカを連れて同そう会に行くって言ってたから、その日におばあちゃんを直してあげよう。帰ってきておばあちゃんの病気が直ってたら、みんなびっくりするだろうな。

8月19日 土曜日

今日はおばあちゃんを直してあげた。おばあちゃんがお昼ねしてる時に、起こさないように部屋に入ったら、部屋には、お水とコップとお薬と、ぼくたちに見せてくれてたお手玉がおいてあった。ぼくはそれを見て、早く元気にさせてあげなきゃと思った。

おばあちゃんを叩いて直してあげたら、おばあちゃんは飛び起きて、ノブくんどうしたのって聞いてきた。ぼくが、おばあちゃん体はもうだいじょうぶ? って言ったら、おばあちゃんはふしぎそうな顔で体を動かして、病気が直ってることに気づいたみたい。もしかしてノブくんがやったの? って聞かれたけど、ぼくは、ないしょだよって答えた。おばあちゃんは少し泣きながら笑って、ぼくをぎゅっとして、ありがとうって言ってくれた。その後家に帰ってきたお父さんもお母さんも泣いてよろこんでた。またおばあちゃんの元気な顔を見られてよかった。

8月22日 火曜日

今日はひみつ基地でユキくんとハルオと遊んだ。ジュースとおかしを食べながらおしゃべりしてたら、基地にそろそろ新しい子をつれて来たいなってハルオが言ってきた。ユキくんは、でも三人と一匹だけのひみつ基地じゃなかったのって言ったけど、ぼくも新しい子とも遊びたかったから、そのうちユキくんも分かってくれた。

だれをさそうか話し合ったけど、他に来てくれそうな子が居なかったから、ぼくはアヤカを連れて来てもいい? って聞いてみた。アヤカはおとなしくて、お母さんやほかの子に基地のことを言わなさそうってユキくんもハルオも分かってたから、二人ともいいよって言ってくれた。楽しみだなあ。

その後、基地の近くでサッカーボールをけって遊んでたら、ボールを基地のかべに当てちゃって、ちょっとだけ基地がかたむいちゃった。そのままにしてきちゃったけど、だいじょうぶかな? でも、基地はじょうぶに作ってたはずだし、明日直せばいいや。

8月23日 水曜日

今日はひみつ基地にアヤカを連れて行った。アヤカは、ぼくたちのひみつ基地を見て、すごいって言ってくれた。アヤカに基地を見せてあげた後は、山の中で、みんなで木登りや虫取りをして遊んだ。それで、ひと通り遊びおわったら飲み物がなくなっちゃって、ぼくとハルオが家から取ってくることになった。

基地にもどる時、ソラがほえる声が聞こえたから、走ってひみつ基地のとこまで行ってみたら、アヤカが基地の下じきになってた。そのとなりで、ケガをしたユキくんが泣いてたから、どうしたのって聞いてみた。そしたら、ユキくんが外におしっこしに行って帰ってきた時に、入り口に頭をぶつけちゃって、それで基地がくずれちゃったんだって。ユキくんのケガはその時にできたみたい。ぼくは、きのうボールをぶつけた時に基地が弱くなってたのかな、ぼくの作り方がいけなかったのかな、入り口をもっと大きく作っとけばよかったのかなって考えたけど、とにかくアヤカを助けなきゃと思った。

ハルオは大人の人をよんだ方がいいんじゃないかって聞いてきたけど、それだと基地のことがバレちゃうから、ぼくたちで何とかすることになった。ユキくんとハルオに手伝ってもらって、とちゅうでハルオが基地のはへんでケガしちゃったけど、なんとかアヤカをひみつ基地から出してあげられた。アヤカは頭から血が出てて、泣きもしないで動かなかった。ぼくは泣きながら家にカナヅチをとりに行った。

大急ぎで基地にもどって、ユキくんとハルオには少しはなれたところで待っててもらった。ハルオは、どうするんだって聞いてきたけど、ぼくは二人にいいからって行ってもらった。その後、アヤカをカナヅチで叩いて直してあげて、ソラの時みたいにアヤカをぎゅっとして、ごめんね、ごめんねってアヤカにあやまった。そしたら、アヤカもいっしょに泣いちゃった。

その後、ユキくんとハルオが待ってるところに行ったら、二人は元気になってるアヤカを見ておどろいてた。色々聞かれたけど、二人がカナヅチをほしがっちゃうといけないから、ないしょだよって答えた。ぼくは、そうだと思って、二人に目をつぶってもらって、二人のケガも直してあげた。二人ともふしぎそうな顔をして、ノブヤがやったのかって聞いてきたけど、みんなには言っちゃだめだからねって答えといた。二人はそれ以上聞いてこなかった。ひみつ基地は台なしになっちゃったけど、アヤカを助けてあげられて本当によかった。

8月27日 日曜日

今日は家族みんなで夏祭りと花火大会に行った。夏祭りでは、かき氷を食べたり、金魚すくいをやったり、おもちゃを買ってもらったり、お父さんに教わって射的をやったりした。おばあちゃんは、ぼくたちが遊ぶのをうれしそうに見ながら、大好きだったリンゴあめを食べてた。

お祭りのとちゅう、アヤカはわたあめを食べてたけど、そのうちほしい物を見つけてどこかへ走って行っちゃって、道の石につまづいて顔から転んじゃった。みんなは、すぐにアヤカのところへ行って、顔をすりむいてないか、わりばしを口にさしてないかって聞いたけど、アヤカは全然そんなことなくて、わたあめ落としちゃったって泣いてた。お父さんとお母さんとおばあちゃんは、わたあめならまた新しいの買ってあげるからってアヤカをあやしてた。アヤカにケガがなくてぼくもホッとした。アヤカは泣き虫だけど、じょうぶだなあ。

花火大会は近所の川の近くで見た。近くの人たちもいっぱい来てて、ユキくんやハルオたちとも会った。家族みんなで花火が見られたから、ぼくは本当にうれしかったし、花火は去年よりもきれいだった。みんなで来れて本当によかった。

家に帰って、夏祭りで買ったおもちゃであそんでたら、テレビの部屋のかべに穴を開けちゃった。お父さんに言えば直してくれたかもしれなかったけど、おこられたくなかったから、こっそりカナヅチで叩いて直しといた。

はみがきしてベッドに入る前、頭とのどが痛かったから、これ夏カゼ引いちゃったかなって思って、カナヅチで自分の頭を叩いた。そしたら痛くなくなったから、やっぱり夏カゼだったんだ。早めに直しといてよかった。

以上は金山 伸哉氏の2006年の夏季休業中に書かれた日記です。その10年後である2016年に伸哉氏によって個人的に書かれた日記の抜粋を以下に掲載します。

8月11日 木曜日

母さんがずっと大事に使っていたティーカップが粉々に砕かれていた。当然母さんは怒って、家族全員を問い質したけど、誰も知らないという。もちろん俺もそんなことをするはずがないし、ソラだってやらないだろう。じゃあ一体誰が?

その後、母さんはひどく残念そうにしながら、ティーカップの残骸を処分した。あのティーカップは彩夏が生まれたあたりの年に、結婚記念祝いの品として買って大切にしていた物らしい。ということは、もう16年近くもあのカップを使っていたことになる。落としても傷一つ付かない頑丈なカップだったはずなのに、なんで壊されてしまったんだろう? そういえば俺も昔あのカップを落としたことがあったような気がするけど、どうだったか。よく覚えていない。

8月14日 日曜日

今日はじいちゃんの墓参りに行った。そうしたら、じいちゃんの墓がバラバラに壊されていた。霊園の管理事務所に問い合わせてみても、わかってるのは何か強い衝撃を加えられて壊されたってことくらいで、誰がやったかまではわからないという。とんでもない事をする奴もいるもんだ。じいちゃんが生きてる時は俺はまだ小さかったから、じいちゃんのことはよく覚えてないけど、それでも家族の墓が壊されれば俺だって悲しい。きっとじいちゃんたち怒ってるだろうな。

結局、墓石は修理せずに新しいのを建てることにしたらしい。俺は三日前のティーカップのことを思い出した。あれも粉々に壊されてたな。

8月16日 火曜日

ソラが殺された。カナヅチか何かで何度も何度も殴られてグチャグチャになってたそうだ。警察は通り魔の仕業だろうと言ってたけど、俺にはそうは思えない。ソラがどれだけ痛い思いをしたことか。ソラは俺が生まれたときに父さんが家に連れてきた家族だった。だからソラと俺はずっと一緒だった。18年も長生きしてたのに。大切な家族を殺した犯人は絶対に許せない。

カナヅチと言えば、昔山で見つけたあのカナヅチは今どこにやっただろうか。あれもカナヅチだから気になると言えば気になるけど、でも多分ただの偶然だろうし、今回の件とは無関係だと思う。確か夏休みが終わってからどこかに仕舞ったっきり触ってなかったな。多分まだ捨てずにそのまま家に置いてあるはずだ。倉庫か押し入れの中だろうか。

あれからもう10年も経ったのか。ばあちゃんは死にかけてたのが嘘みたいに元気になったし、彩夏は高校生になった今もずっと柔道を続け、とうとう黒帯まで結んでしまった。あれだけ泣き虫だった彩夏が今じゃすっかり強気で明るい妹になってくれて、俺は本当に嬉しい。そして当の俺は今年大学受験を控えている。だから、ソラが殺されたのは悲しいし悔しいけど、いつまでもそうは思っていられないし、昔みたいに遊んでばかりもいられない。ソラだって天国で俺のことを応援してくれてると思う。この夏が勝負だ。ソラの為にも頑張ろう。

8月19日 金曜日

ばあちゃんが死んだ。カナヅチか何かで滅茶苦茶に殴られて殺されたらしい。この間まであんなに元気だったのに。ばあちゃんが家に一人でいる時を狙うなんて。でも、窓を割られたとか鍵を壊されたとかの形跡は何一つ見つからなかったそうだ。

ばあちゃんが死んで一番悲しんでたのは彩夏だった。彩夏は昔、俺と一緒にばあちゃんにお手玉を教わってたし、彩夏が中学生になって、ばあちゃんは彩夏に裁縫を教えようとしていた。けど、彩夏はその時反抗期で、「そんなの別にいいよ」って教わるのを断ってた。それが高校生になって、ちょっとだけばあちゃんに裁縫を教わる気になったらしい。その矢先に今回の件だ。「なんでもっと優しくしてあげなかったんだろう」ってわんわん泣いてた。アヤカだけじゃない、俺だってばあちゃんは大好きだった。どうして死んじゃったんだろう。

関係ないと思いたかったけど、やっぱりあのカナヅチのことが気がかりだ。明日にでも捜してみよう。

8月20日 土曜日

父さん母さんも、ソラとばあちゃんが立て続けに殺されたから、かなり参ってる。今日は母さんが父さんに「あんたがやったんじゃないの」と問い詰めていた。そりゃ父さんは大工だからカナヅチくらい持ってるけど、絶対にそんなことするはずがない。彩夏は割といつも通り明るく振る舞ってはいるが、多分かなり無理して皆を元気づけようとしてるんだろう。悲しいのは彩夏も一緒だ。どうしてこんなことになったんだ。

押し入れの奥からあのカナヅチが見つかった。カナヅチには血が付いていた。ずっと仕舞ってあったのになんで? 気味が悪いし何か引っかかる。とりあえず、ひとまずカナヅチの血を拭いて机の引き出しに仕舞っておいた。昔はあのカナヅチで色んな物を直してたな。もう10年も前のことだったからよく覚えてないけど、本立ての板を直したのが最初だったか? そういえば壊されたティーカップも墓石も一度カナヅチで直したことがあったような気がする。そうだ、俺ソラとばあちゃんもあのカナヅチで一度治してたんだ。あれは夏休みのいつだった? 確かソラを治したのがお盆の何日か後だったから、8月15日、いや16日? その週の土曜日にばあちゃんを治そうと思って、調べてみたら2006年の8月16日が水曜だったから、ばあちゃんを治したのは三日後の8月19日か。

どうして今まで気づけなかった? 10年前、俺は他に何を直してた? なんでだ、全然思い出せない。

8月22日 月曜日

家に帰ってきたら、また父さんと母さんが喧嘩をしていた。彩夏は部屋に閉じこもって泣いていた。俺も自分の部屋で着替えて、ここ何日かに起きた色々な事を忘れるために勉強に取り組むことにした。最近なんだか俺の服が少なくなったような気がする。洗濯中だったっけ?

ばあちゃんが殺されたのは悲しいけど、俺の家族はまだ父さんと母さん、それに彩夏がいるじゃないか。彩夏はこの10年間、風邪の一つも引かないし擦り傷一つ作らないほど元気だった。しかもあいつは柔道黒帯じゃないか。頭のおかしい奴に襲われても自分で返り討ちにできるはずだ。頼む。そうであってくれ。

ずっと柔道をやってたのに擦り傷一つ作らなかっただって?

8月23日 火曜日

予備校から帰ったら家にグチャグチャがぶちまけられていた。グチャグチャのそばには真っ赤になった黒帯があった。カナヅチでグチャグチャを何度も何度も必死に叩いた。グチャグチャは、もう元には戻らなかった。

そういえば、10年前の今日は、秘密基地の下敷きになった彩夏を、カナヅチで治したんだっけ。

8月25日 木曜日

机の中のカナヅチを見た。あのカナヅチは血でべったりしてて、こんどは肉みたいなのもついてた。ちゃんとしまってあったのになんで? 何をたたいたんだ? だれをつぶしてきた? だれがこんなこと



おれか

金山氏の住居及びその周辺地域では器物損壊及び殺害事件が連続して発生しており、これらの事件の発生日時は日記に記述されているものと一致します。しかしながら、その時点ではSCP-1706-JPが事件の捜査線上に浮上することはありませんでした。なお、崩落事故の二日後、現場に残されたDNA、被害者の死亡推定時刻、伸哉氏が当時通っていた予備校への事件当日の伸哉氏の出席時間及び金山氏・谷川氏・岡部氏の自宅から予備校までの距離、伸哉氏の自室跡から発見された衣服に付着した血液から、8月23日に発生した金山 彩夏氏・谷川 優希氏・岡部 晴夫氏の殺害事件は金山 伸哉氏による犯行であることが発覚しました。発見された衣服はビニール袋に包まれており、付着した血液を調査した結果、血液からは金山 彩夏氏、谷川 優希氏、岡部 晴夫氏、金山 多恵氏、そしてイヌのDNAが検出されました。これらのことから、彩夏氏以外の一連の器物損壊及び殺害事件も伸哉氏による犯行であり、また、上記の日記の内容と併せて、金山氏の自宅の崩落も同様に伸哉氏及びSCP-1706-JPが関与していたとの見方が有力視されています。これを受けて、崩落事故についてはカバーストーリー「施工不良」が適用されました。なお、SCP-1706-JPに更なる異常性が存在する可能性を考慮し、現在実験に於いてSCP-1706-JPによる殴打を行われた対象及び殴打を行った対象については、少なくとも10年間の経過観察が実施されています。

上記の事実が判明した後、金山 伸哉氏の捜索を行ったところ、金山氏の自宅付近の山中から、頭部をハンマーと思われる鈍器で数十回殴打された状態で死亡している伸哉氏が発見されました。伸哉氏の死亡推定時刻は事故当日である8月27日の21時頃であり、また、伸哉氏の遺体が非異常性のハンマーを握り締めていたこと、ハンマーに付着した血液が伸哉氏自身のものであったことから、伸哉氏の死因はハンマーを用いて自身の頭部を激しく殴打したことによる自殺と考えられています。


本文译自由[[*user ]]创作的 ,